Top > Blog > WINTER SPORTSの定番!『スノボ』

WINTER SPORTSの定番!『スノボ』

2017.12.25

f169db9a4ab43e6c1ddf56c055de07b6〜-w600

週末は天気に恵まれた石川県では、きっとスノーボードをしに行っている方も多いのではないでしょうか。
イマドキの”インスタ映え”のごとく、インスタグラムのストーリーでよく雪山の光景を目にします。この時期定番ですよね!
皆さん、お怪我だけはないようにお楽しみ下さいね。

ところで、スノーボードはどのように誕生したんでしょうか。
サーフィンやスケートボードと同じく横乗りスポーツなわけですから、何か関連性はありそうですが…。

諸説は様々ありますが、一般的には、アメリカのシャーマン・ポッペン氏が子供用スキーをボルトで合体させた物を、娘へのクリスマスプレゼントとしたことから始まったと言われています。
それがBURNSWICK社の目に止まり、子供用遊具の製品として『SNURFER/スナーファー』が販売されました。
ちなみにSNURFERはSNOWとSURFERの複合語だそうです。

q&a01-w600

これが60年代の出来事。しかし同じ頃、後のSIMS創始者となるトム・シムス氏が滑走材であるブリキを底に貼り付けたオリジナルボードを作ったことが始まりと言う説も…

70年代に入ると、アメリカ各地でスノーボードブランドが誕生。
1972年には、デミトリア・ミロビッチによってユタ州にWINTER STICKが、1976年にはカリフォルニア州にてシムス氏がSIMS SNOWBORDSを建設。また、1977年にはスナーファーに景況を受けたジェイク・バートン氏が、バーモント州にてJAKE BURTON SNOWBOARDを。

またこれらは、情報を共有することも無くそれぞれが独自に発展していったそうです。
日本でも、1971年に田沼進三氏がサーフボードから学んだボードを製造し、新潟県の妙高高原赤倉にて試乗していました。

ちなみに、”スノーボード”と言う名称は北米スノーボード協会が発足した後であり、それまでは”スノーサーフィン”と呼ばれていました。
やはり、サーフィンやスケートボードとの関連性は大いにありそうですね。

イエローケーキ / YELLOW CAKE
【石川県加賀市のメンズセレクトショップ】
〒922-0842 石川県加賀市熊坂町ニ7-5
北陸本線/大聖寺駅前
Tel:0761-75-7476
Mail:info@yellowcake.jp


Copyrights © YELLOW CAKE | イエローケーキ All Rights Reserved.

MENU